福岡で在宅ワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
福岡で在宅ワーク

在宅ワーク成功の秘訣

在宅ワークを頑張って、在宅ワーカーとしての成功の秘訣って言うと、意識だと思います!

家でしていてもあくまでも仕事なんです。 仕事してやっているんだっていう自覚が一番大切ですよね!

やっぱりどうしても家ですると仕事っていう感覚が薄れていく人が多いみたいですね。

頑張ったか頑張って田舎言って言うよりも、ちゃんとした仕事が出来ているかっていう事が大事になってきます。

在宅ワークの仕事の依頼って異論亜物があるので、←まあドの仕事をするのかって自分で選択できるけど、自分としてプロの仕事が出来ないと判断した場合には断る勇気を持つ事も大切です。

質より量って思っている人も多いけれども、最初っから量ばかりに注力してしまうと質って一向に挙がっていく事がないんでいつまでも収入が増えないって事もありますからね。

最初在宅ワーク、在宅バイトを始めた時って量よりも質を考えて仕事するのもいいかなって思いますよ。

質が上ってくると、上手くなってくると仕事のスピードも速くなってきて、最終的には量もこなせるようになってきますからね。


クラウドワークス(CrowdWorks)の在宅ワーク

クラウドワークス(CrowdWorks)の在宅ワーク

在宅ワークの大手とかだと、クラウドワークスとかランサーズとかがあるけど、多分日本ではランサーズとクラウドワークスが2大在宅ワークの公式サイトだと思います。

ただ大きすぎて協業する在宅ワーカーさんも多いんで、色々と競争が大変だったりするんですよね(`・ω・´)

その点、クラウドワークス(CrowdWorks)だと、規模は大きいんだけども、小さ過ぎずって感じで、ライバルもちょうど良い感じなんで、仕事の受注率もまあまあ高いんじゃあないかなって思いますよ♪

在宅ワークでは一番人気の、在宅データ入力の求人も多いんで、データ入力、文章作成、記事作成、などなど比較的初心者でも簡単に出来るお仕事が多いのが特徴だと思います!

クラウドワークス(CrowdWorks)は、会員登録も無料で出来るし、仕事を探している人と、仕事を依頼・発注する人のバランスも良いんで、主婦とか女性中心に人気高いんですよね(^o^)丿

最近は男性とか会社員の副業とか個人事業主のかたの副業としても人気の高い在宅ワークなんで、福岡県の女性と男性に人気も高くなっているのが、クラウドワークス(CrowdWorks)の在宅ワークなんですよね。

私の知り合いも男性で、中央区春吉と博多区堅粕で個人事業主しているけど、在宅ワークに会員登録していて、すき間時間に在宅ワークのお仕事していますからねヽ(^o^)丿

≫クラウドワークスの在宅ワークの公式サイト

CrowdWorks(クラウドワークス)の登録は無料です。

【 求人の種類 】

  • 文章・文字入力系業務
  • データリサーチ系業務
  • データ編集系業務
  • 英文入力・翻訳系業務
  • 数字入力・会計関連系業務
  • マーケティング系業務
  • ファイル作成系業務
  • OFFICE製品(エクセル・ワードなど)活用系業務



【在宅ワークのお仕事の一例(難易度別)】

初級販売商品サイトデータ入力50,400円~67,200円

オークション出品商品データ入力21,000円~36,000円
指定サイトのSEO補助業務/データ入力24,000円~52,500円

データ入力(名刺入力業務)30,000円~70,000円

登記簿謄本・各種証明書の代理取得業務36,000円~192,000円

地域別指定店舗情報入力・リサーチ業務5,000円~60,000円
中級商品価格ランキングサイト内ジャンル別データ収集作業9,000円~65,000円

ショッピングサイト商品入力・登録作業18,000円~90,000円

海外ニュースサイト記事収集・入力作成53,600円

数字入力・会計関連系業務52,500円~85,500円

売上データ入力集計・顧客メール問い合わせ対応124,500円~157,500円

Microsoft Word入力・編集業務57,400円~114,800円
上級 英文和訳業務105,000円~135,000円

その他にもあります。


在宅ワークで独立

手に職を持っていると在宅ワークで独立・開業って事も出来たりします。

特にPCスキルですね。

プログラミングとかの知識が豊富だと在宅ワークの仕事の依頼も多かったりします。

また単価も普通の仕事と比べると高いですからね。

営業してどんどんお客様とかを増やす事が出来れば安定した仕事が入ってきて安定もし易いのかなって思います。

在宅ワークで独立したんだったらやっぱり専門的な技術が1つは必要かなって思います。

在宅ワーカーとして働くだけであれば専門的知識だけでOKだと思いますが、独立ってなるとマルチな技術、コミュニケーション能力とかドキュメントが上手く書けるとかって言うプラスアルファも必要だと思います。

在宅で働きたいって言う人とかの数ってどんどん増えていくと思うので、自分がクライアントの取って特別な存在になるのはマルチプレイヤーになる事がどの業界でも求められているし使い易いって思われる条件になります。


在宅ワークの種類

在宅ワーカー・在宅バイトの種類のは大きく分けて下記の3パターンあると思います。

1、オペレーター型

比較的簡単な作業で経験がなくても始められる在宅ワーク

データ入力・テープ起こし・アンケート調査・記事作成

2、スペシャリスト型

企業や会社での経験を活かしたり個人の専門性を活かした仕事

デザイナー・プログラマー・通訳・翻訳・システム開発・執筆

3、マネジャー型

在宅ワークプロジェクトのまとめ役として進行管理などを行う仕事

ディレクター 発注側からマネジメント業務を請け負う仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*